メインイメージ

スムーズなビザ申請

入国管理局へビザ申請をスムーズにする


外国の方が日本へ入国するには自分の国の政府にパスポートを発行してもらいあらかじめ日本の大使館や総領事館等で「査証」(VISA)を取得しなければなりません。「査証」は日本に滞在する目的によって審査の基準が違います。比較的簡単に短期間で発行されやすいのは観光といった短い期間滞在する場合です。逆に長期留学や就労などの場合は、審査も難しくなり査証発行までには時間がかかります。短期間で査証を発行してもらうには行政書士などの代理人にビザ申請などの手続きを行ってもらった方が早く取得できます。通常代理人は日本国内で「在留資格認定証明書」の申請を行います。この証明書を取得した後にビザ申請をします。この証明書があるかないかで査証を取得する時間が変わってきます。外国の人が日本に在留するには、「在留資格」を持っていなければなりません。この在留資格や在留期間を範囲を越えて日本で活動することはできません。もし在留資格以外の活動をしたり、期間を越えて滞在すれば「不法就労」になってしまいます。また、ビザ申請手続きは日本に入国した後も必要な場合があります。「在留資格変更許可」は今現在持っている在留資格の活動が終わり、別の活動を行う場合に必要な手続きです。「在留期間更新許可」は今現在持っている在留資格の活動を在留期間を越えて行う場合に必ず必要な手続きです。「在留資格取得許可」は上陸手続きをせずに在留することになった場合に行う手続きです。在留する理由が生じた日より60日を超えて在留する場合に申請します。「永住許可」は短期や長期在留資格ではなく「永住者」の在留資格を得るときに変更手続きを行います。「就労資格証明書」は雇い主先に提出する書類です。日本での就労が認められていることを証明できます。今現在の在留資格以外の活動で収入や報酬を得る場合には「資格外活動許可」を得る必要があります。そして在留期間内に日本国外に出国しなければならず、また日本に戻ってきて在留する場合にも「再入国許可」という在留許可の申請手続きが必要です。ビザ申請は偽りの事実で申請してしまったりして不許可にされると再申請したさいに通りにくくなってしまいます。収入などなど虚偽の申告をしても多少は大丈夫だろうと侮らずきちんと事実に基づいて申告し、添付書類も信頼に足るものを提出する必要があります。入国管理局がスムーズに発行できるよう適切な書類を作成し提出していきましょう。

最近の投稿